FUJIFILM X100Fの魅力

>

FUJIFILM X100F

FUJIFILMのデジカメX100Fを手に入れて1ヶ月が経ちました。

X100Fを手に入れる前に比べて、写真がより身近になったことが一番のメリットだった気がします。

今回は、僕なりに感じたFUJIFILM X100Fの魅力についてお話しようと思います。

FUJIFILM X100Fの魅力

FUJIFILM X100FNIKON D5300 (40mm, f/3, 1/50 sec, ISO800, 撮影日時:2018/06/11 18:56)

僕なりに感じたFUJIFILM X100Fの魅力は以下の3点。

  • デジカメなのに背景ボケが楽しめる
  • FUJIFILMならではの表現力
  • デジカメならではの機動力

紫陽花FUJIFILM X100F (23mm, f/2.8, 1/120 sec, ISO200, 撮影日時:2018/05/20 16:31)

X100Fを手に入れる前は、デジカメは画質はいいけど背景ボケが楽しめない、という固定観念がありました。

撮り方によってはできるのでしょうけど、レンズの大きさがまるで違う一眼レフに比べれば大したことないと思ってたんです。

でもX100Fは背景もしっかりボケてくれるので、子供の撮影も充分にできています。

そして、FUJIFILMならではの表現力。

今まではずっとNIKONユーザーで、NIKONならではの空気感はとても好きです。

ただ、一度FUJIFILMの吐き出す色と空気感を味わってしまうと駄目ですね。

完全に虜になっています。

FUJIFILM X100FFUJIFILM X100F (23mm, f/2.8, 1/1300 sec, ISO200, 撮影日時:2018/05/05 14:16)

子供が生まれてから悩まされてきた、一眼レフを外出時に持っていけない問題。

僕が抱っこするとギャン泣きしてしまうため、外出時は妻が抱っこ紐をしています。

僕は荷物係なのですが、リュックに子供のオムツや万が一のためのミルクの用意などをいれるため、とてもじゃないけど一眼レフはリュックに入り切りません。

そんな理由からデジカメを、ということでX100Fを手に入れたわけですが、さすがデジカメサイズ。

リュックのサイドポケットに入ってしまうので、家族での外出にも遠慮なく持ち出せるようになりました。

X100Fにはレザーのストラップがよく似合う

FUJIFILM X100FNIKON D5300 (40mm, f/3, 1/80 sec, ISO800, 撮影日時:2018/06/11 18:58)

FUJIFILM X100Fは、そのデザイン性の高さも大きな魅力。

同梱のストラップもいいけど、やはりストラップにもこだわりたいところ。

僕はUlysses というメーカーのストラップを購入しました。

X100Fによく似合います。

X100Fは写真を撮ることが楽しくなるカメラ

FUJIFILM X100FNIKON D5300 (40mm, f/3, 1/25 sec, ISO800, 撮影日時:2018/06/11 18:59)

X100Fを手に入れてから、写真を撮ることがさらに楽しく感じています。

やはり気軽に持ち出せるというのが大きな理由だと思いますね。

唯一デメリットがあるとすれば、開放でのピントが甘いという点。

子供を撮ると顕著に現れるのですが、子供の目にピントを合わせて手ブレも気をつけているのに、少しボヤケてしまうんです。

僕の腕の問題かもしれませんが、NIKONの一眼レフではまず起きなかった現象です。

まだまだFUJIFILMのカメラに不慣れなところもあるのかもしれませんので、もう少しX100Fを使い倒したいと思います。

By